東恩納たくま 2018年名護市議選 1019票で当選いたしました。みなさまおひとりおひとりのご支援のおかげです。

本当にありがとうございました。

これからも、名護市の、「基地に頼らない持続可能な経済発展」をめざして、頑張りたいと思います。

9月30日の県知事選も勝ち抜き、基地問題に決着をつけたいと思います。

皆さまどうぞ今後ともよろしくお願いします。


ふるさとの海を守りたい。

 

ただその思いだけで務めていた土建会社を辞めて、1997年の市民投票に参加した。名護市民はあの時、いろんな圧力に負けずに基地NO!を突き付けた。

あの市民投票は生きている。だから今も戦える。

2004年から続く座り込み。たくさんの汗と涙。

沖縄が差別される現状に、悔しい思いもいっぱいした。

喜びもあった。

稲嶺進市長の誕生。

オール沖縄の誕生。

翁長県知事の誕生。

そしてピンチになると姿を見せてくれるジュゴン。

ニライカナイからの使者。がんばれ、ここにいるぞ、と言っている。

自分の人生をかけてこの基地問題を終わらせる。

 

そしてもっともっと夢のある話を進めよう。

自分たちで築く明るい未来の話を。

 

 

ウチナーンチュの心を一つに!

ふるさとは宝

辺野古・大浦湾への新基地建設NO!

辺野古・大浦湾をジュゴンの保護区に!


たくま後援会ニュース号外


自立的経済発展に基地建設はいらない! 

国の言いなり市政にNO!

たくまは住民主体のまちづくりを進めます!

 

経済・まちづくり

ー基地に頼らない、持続可能な経済の発展を推進

エコツーリズム・アグリツーリズム・6次産業の発展を推進する

・地域の自然や文化を生かした付加価値の高い体験型・交流型観光商品を促進する

・農業体験などを通して名護の農産物、海産物を観光客と結びつける

民泊を推進する

・各地区からの地域提案型事業を支援する

空き家対策を拡充し、子育て世代が空き家を借りられるための制度をつくる

・住民のニーズに合わせたコミュニティーバスを広げる

市民主体の文化活動を支援する

中小企業への補助事業を支援する

リゾートウエディングを促進する

・スポーツ合宿、スポーツイベントを誘致する

・アジア圏からの観光客の誘致する

・通信販売などを通して名護の商品を全国に広げる

・大型公共工事ではなく、切れ目のない公共工事で地元優先発注を行う

 

環境ー今ある自然を保全し利活用するために

・辺野古・大浦湾をジュゴンの保護区にする

・大浦湾アオサンゴを県の天然記念物にする

・名護に残る貴重な天然砂浜である宇茂佐ビーチを人口ロングビーチにさせない

・海を含めたやんばるの世界遺産登録を目指す

・海岸のごみ拾いを推進する

赤土対策を強化する

・還元型農業を推進する

 

 

民主的で市民に開かれた市議会を

・辺野古基地建設反対の民意を尊重する市議会

・市民の目線に立って、防衛局や国に対して対等に意見する市議会

・一時の再編交付金に頼らず、恒久財源で市民生活の向上を図る

・市の情報公開を進め市民の知る権利を守る

市民との対話を重ね、市民に役立つ提案を行う市議会

 

子育て・福祉・生活支援

・待機児童をゼロにするため、保育士の待遇改善や保育士試験対策を行う

学童保育の拡充

・ファミリーサポートセンターによるひとり親家族の支援

夜間・休日保育の拡充

介護職の待遇改善を求める

障害児デイサービスの周知と充実

福祉タクシーの利便性向上

・高齢者等の買い物支援ゴミ分別手助けを拡充する

・個人への市の支援を周知させ、生活向上をサポートする

非正規職の処遇改善を求める

 

教育ーひとりひとりが主役の教育を

・沖縄の文化・歴史・環境の教育を学校で拡充する

・こどもたちのやる気を引き出す講演会や体験授業を拡充する

・個々の状況に合わせた学習支援の充実

・保護者や地域に開かれた学校づくりをサポートする

・不登校の児童・生徒の特性に合わせた対応を促す

 



たくま後援会ニュース号外