お知らせ

2015年10月13日翁長雄志沖縄県知事は埋立承認の取り消しを行いました。

それに伴い、辺野古基地に反対するヘリ基地反対協議会からの緊急声明を出しました。

多くの方が、辺野古ゲート前への座り込みに参加し、そして、たくさんの地方議会から地方自治を尊重し沖縄の自治権を認めるように決議をあげてほしいと思います。

また、名護市でも多くの自治体が声を上げてくださるよう、他自治体と連帯し地方自治の確立を目指す宣言を決議しています。

これまで、国内では 長野県白馬村村議会 愛知県岩倉市議会 吹田市議会 尼崎市議会 

また、海外ではサンフランシスコ州バークレー市議会が、沖縄の民意を尊重するように呼びかける決議を出しています。

 

皆さん、ご自分の住む自治体への働き掛けよろしくお願いします。

 

ヘリ基地反対協議会
翁長知事の埋め立て承認取り消しを支持する緊急声明.pdf
PDFファイル 97.4 KB

翁長雄志沖縄県知事は、仲井眞弘多前知事が行った辺野古埋め立て承認に瑕疵があるとして、昨日、取り消しを行いました。私たちヘリ基地反対協議会はこれを全面的に支持し、これまで以上に知事を全力で支えていきます。

しかし沖縄防衛局は、知事の取り消しは違法だとして法的対抗措置に着手しました。憲法9条を蔑ろにする日本政府は、国際保護動物ジュゴンが棲む生物多様性豊かな辺野古・大浦湾の海を埋め立てて米海兵隊の出撃基地を造ろうとしています。

私たちは、知事が、沖縄が孤立しないよう全県・全世界と連帯し、新米軍基地建設を阻止するための座り込みへの参加を呼びかけます。同時に、それぞれの都道府県、市町村で地方自治の尊重を求める陳情を各議会に提出して頂けるようお願いいたします。

 

  ヘリ基地反対協議会は、1997年に行われた辺野古新基地建設の是非を問う名護市民投票を機に発足した市民団体です。 「大事なことは名護市民みんなで決 める」をスローガンに行われた住民投票で、基地建設反対が過半数を占めたにもかかわらず、18年後の現在も日本政府はアメリカとの合意だとして基地建設を 推し進めようとしています。

沖縄地 上戦および敗戦の混乱の中、我々の土地は米国によって強制接収され、住民の意思に反して基地が建設されました。戦後70年経った今日でも、日本全体の 0,6%の面積の沖縄が在日米軍専用施設の74%を負担させられ、米軍による環境破壊や繰り返される事件・事故の被害を受けています。

沖 縄県民は1995年の米兵による少女暴行事件に怒りを爆発させ、基地負担の軽減を求めました。とりわけ、日米の航空法の安全規準を充たさない町の中心にあ り、老朽化した、「世界一危険」と言われる米軍普天間飛行場の即時封鎖・撤去を求めましたが、日米両政府は代替地が必要だとし、その代替地を沖縄県内の名 護市辺野古と決めました。しかもこれまでとは違い、安全保障を名目に、最新鋭の新基地は日本政府の予算で建設するのです。

 

  去る9月21日、辺野古への米軍基地の建設は絶対に認められないとする大多数の県民に支えられた翁長雄志知事は、国連人権理事会年次総会で、70年間沖縄 の自己決定権や人権が蔑ろにされてきた現実を訴えました。民意を無視する日本政府を批判し、新基地建設を必ず阻止すると宣言しました。

しかしそ の場で日本政府は、「在沖米軍基地の0,2%の土地を返す準備をしている。これまで経済振興を行ってきた。日本にとってアメリカとの安全保障は重要であ り、今後とも沖縄への十分な説明を継続していく」等と述べ、またその後の記者会見で、日本のマスコミに対して「軍事基地の問題は人権理事会には『なじまな い』」と批判し、翁長知事の訴えを全面否定しました。

 先の国会で国民の意見を無視し、集団的自衛権を認める安保法制を強行採決したように、日本政府はこのまま新基地建設を強行する構えです。沖縄の基本的人権や自己決定権を確保し、日本の民主主義を成熟させるためにも、辺野古への基地建設を止めなければなりません。

 

今、歴史の転換点に来ています。また地方自治が問われています。全県・全世界の皆さん、辺野古の座り込みに参加してください。多くの人たちが集まれば、基地建設は止められます。

ま た、それを実現するために、アメリカのバークレー市議会、吹田市、尼崎市、岩倉市、武蔵野市、白馬村の各議会は、沖縄の自治の尊重を求め、沖縄の人々を支 援し、辺野古・大浦湾の新基地建設に反対する決議をあげています。さらに世界各地の多くの地方議会が同様の決議を上げるよう、多くの市民が働きかけること を強く望みます。それが地方自治を市民の手に取り戻すことであり、市民のための民主主義を定着させることにつながります。ともに連帯しましょう。

 

2015年10月14日   

ヘリ基地反対協議会 (共同代表 安次富 浩)  

English Version

 

 

Urgent Statement Regarding Nullification of Reclamation Permit by Okinawa’s Governor Takeshi Onaga

 

by Council Against the Helicopter Base

 

 

On 13 October Okinawa Governor Takeshi Onaga nullified the permit to carry out land reclamation in

Oura Bay, granted by the previous Governor Hirokazu Nakaima, explaining that it contains illegalities. We of the Anti-Helicopter Base Council unconditionally support this decision, and more than ever give our full backing to the Governor.

 

However the Defense Department’s Okinawa Office has begun legal action aimed at having the nullification itself declared illegal. The Japanese Government not only wants to trample on the war-renouncing clause of the Constitution, but also is determined to reclaim land from the richly diversified Henoko and Oura Bays, habitat of the internationally protected dugong, so as to build a new attack base for the U.S. Marine Corps.

 

That the Governor, and Okinawa itself, shall not find themselves isolated, we call upon the people of all the regions of Japan, and of all the world, to act in solidarity with us, and come and join the sit-in that has been continuing at the entrance to the construction for over 400 days. At the same time we call upon

all local governments to present to their councils resolutions demanding that local government be respected.

 

The Anti-Helicopter Base Council is a citizen’s group, founded at the time of the 1997 Nago City plebiscite on the question of whether to build this new base at Henoko. In this plebiscite, which was carried out under the slogan, “On important matters, the citizens of Nago will decide”, a majority opposed the base. Despite this, now18 years later the Japanese and US governments are trying to ram through the project.

It was during the Battle of Okinawa and in the confusion after the defeat that the US military confiscated our land and built bases on it without our consent. Now, 70 years after the war Okinawa, which comprises 0.6% of Japan’s territory, bears 74% of all the U.S. bases in Japan, and suffers from the environmental destruction and never-ending accidents and incidents that they bring.

 

It was after the 1995 gang rape of an elementary school girl by three US GIs that Okinawa exploded in anger, and demanded that Okinawa’s burden of bases be reduced. In particular, we demanded the immediate closure and removal of the dilapidated Marine Corps Air Station at Futenma, which is located in the middle of a crowded city, does not observe the aviation laws of either Japan or the U.S., and has been called the most dangerous airfield in the world. However the Japanese and U.S. governments demanded a replacement facility, and insisted that this replacement facility should be built within Okinawa, at Henoko. And this time, breaking with the past by claiming the need for safety, they plan to make it state-of-the-art, all paid for with Japanese taxpayers money.

 

On this September 21st Governor Onaga, with the overwhelming support of the Okinawans who oppose the construction of the new base, took his case to the Human Rights Council of the United Nations, where he described how in the 70 years since the war the human rights and the right of self-determination of Okinawans have been trampled on. He criticized the Japanese government for ignoring the Okinawan people’s will, and announced his intention to put a halt to the construction of thenew base.

 

However the Japanese government representative in that council replied, “We are prepared to return 0.2% of the U.S. bases in Okinawa. Okinawa’s economy has recovered. The security alliance with America is very important to us. We will continue to explain these things to Okinawa.” And at the press conference that followed she said to the Japanese media, “A base problem is not an appropriate issue for the Human Rights Council”, entirely rejecting Governor Onaga’s appeal.

 

Just as at the recent Diet session the Japanese government ignored the public will and rammed through the new Security Bill, which permits collective defense, so it is prepared ram through the construction of the new base. To protect Okinawa’s human rights and right of self determination, and for the development of Japan’s democracy, we must stop the construction of this new base at Henoko.

We are at a historical turning point. Local self-determination is at risk. We ask people from all regions of Japan, people from all parts of the world, come and join the sit-in at Henoko. If enough people gather, the base construction can be stopped.

 

Resolutions urging that Okinawa’s right of self-determination be respected, expressing support for the Okinawan people, and opposing the construction of the new base at Henoko and Oura Bay, have been adopted by the city council of Berkeley in the U.S., and in Japan by the city and town councils of Suita, Amagasaki, Iwakura, Musashino, and Hakuba. We strongly urge people all over the world to press their local government councils to adopt similar resolutions. In this way we can promote the return of the right of self-determination to the hands of the citizens, and a democracy that truly serves the needs of the people.

 

 

14 October, 2015

Hiroshi Ashitomi - Coleader of the Okinawa-based Heri-kichi Hantai Kyogikai (Council Against the Helicopter Base).

 

 

名護市議会
沖縄に共鳴し地方自治の尊重を求めた地方議会に感謝し、地方自治の侵害に対し孤立と分断を許さず、国内の地方議会や団体と連帯し地方自治の確立を目指すことを宣言する決議
名護市宣言.pdf
PDFファイル 153.0 KB

キャサリン・ミュージック 海洋博士が沖縄に来ます。

子供向けのイベントが瀬嵩の東浜(久志郵便局側の浜)であります。

ぜひおいでください。

 

 

辺野古の浜で集会があります